忍者ブログ

[PR]

2020年02月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【きなこはきのこから出来ていると思っているツンデレ】

2010年04月24日
 先輩と一緒に中庭で弁当を食った後、デザートに持ってきたきなこ棒を一緒に食べる。
「たまにゃこういう駄菓子もうまいだろ、先輩?」
「…………」
 先輩は一心不乱にきなこ棒を食べてて、俺の話を聞いていないようだ。リスみたいに頬いっぱいに詰めてて、小動物みたい。
「……♪」
 全部食べきると、先輩は満足したように息を吐いてお腹をさすった。
「……ほとんど先輩が食っちまったな。この小さい体のどこにそんだけ入るんだか」
 コンビニ袋を逆さにして振ってると、先輩が小さく頬を膨らませた。
「…………」
「え、小さくない? ……先輩、前から言ってるけど、小さいっての。小学生の方が大きいてててて」
 涙目でほっぺを引っ張られた。身長の話題はタブーらしい。
「…………」
「え、すぐ背のこと言うから嫌い? まぁそう言うなって。嘘言われるよりマシだろ」
 先輩の頭をなでると、先輩はつまらなさそうに中庭の草をむしった。
「しかし、たまにゃきなこ棒もうまいな。とても大豆から出来たとは思えん」
「…………」
「え、違う? きなこはきのこから出来てる? ……いやいやいや、大豆だぞ」
 先輩はぷくーっと頬を膨らませた。
「…………」
「きのこに決まってる? 何をどうやったらきのこからきなこが出来るんだよ。誰から聞いたんだ?」
「…………」
「え、ママ? ……ええと、騙されてるぞ、先輩」
 先輩は激しいショックを受けたようだった。
「…………」
「え、また騙された? ……よく母親に騙されるのか?」
 先輩はコクンと頷いた。
「あー、先輩根が素直だからなぁ……素直っていうか、馬鹿っていうか」
 先輩は小さく馬鹿じゃないもんと言いながら、俺の頬を引っ張るのだった。

拍手[6回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: