忍者ブログ

[PR]

2019年10月15日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【耳年増なちゅんでれ】

2010年03月01日
 とあるホームページでストライクゾーンが5~7歳ということを知り、激しいショックを受けた俺は気分転換に散歩することにした。
「あ、ダメにんげんだ!」
「真の名で俺を呼ぶな! ……あ、幼女か。うっす」
 街を徘徊してると、最近知り合った幼女、かなみちゃんに出会った。
「ようじょじゃない、かなみよ! で、どしたの? なんかげんきないけど」
「ちょっとな。大したことじゃない」
「こんどはなにやっておこられたの? のぞき? セクハラ?」
「んなことするかッ!」
 あんまりね。最近はね。痛いの嫌なんだ。
「ん~、じゃあなに?」
「ふ……子供にゃ分からないさ」
「なによ、こどもじゃないわよ! ……ニンジン、たべれないけど」
「ニンジンも食べれん子供にゃ絶対分からんな」
 ていうか誰にも分かるわけない。……俺のストライクゾーンが子供だと知り苦悩しているなどと!
「なによ、ばかにして! わたし、おとななのよ! こどもをつくるほうほうだって、しってるんだから!」
「へーへー」
 どうせキャベツ畑だのコウノトリだの、その辺りだろう。
「えっと、こどもはね、その……ちゅーをしたら、できるの」
「……あー、そか」
「なによ、アンタおとなのくせにしらないの? ほんとうなのよ! ママがいってたもん!」
「はいはい、そうだね。かなみちゃんの言う通りだよ」
 頭をなでてそう言うと、かなみちゃんは顔を真っ赤にして怒った。
「ばかにしてー! ちょっと、しゃがみなさい! なぐらせろ!」
「嫌っぷー。じゃーな」
 かなみちゃんから走って逃げた。こけた。馬乗りされた。
「ふふふ……えい!」
 ……キスされた。ほおに。
「……ここなら、こどもできないもんね。……げんき、でたでしょ? じゃ、じゃーね!」
 照れながら走って逃げるかなみちゃんを見て、まぁ、幼女好きもそれはそれで、と思った。

拍手[10回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: