忍者ブログ

[PR]

2019年10月15日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【男のベッドでもだえるツンデレ】

2010年02月11日
 タカちゃんが暇だというので遊びに来てあげたのに、当の本人がおらへん。どないしたんかと部屋を調べたら、書置きがあった。
「ええっと……『いずみへ。腹が減ったので飯食ってくる。俺が帰ったときにいなかったら地球の裏まで探してでも犯す』。……怖ッ、怖あッ!」
 そんなことをされては敵わないので、部屋で大人しく待つ。さて、何しよ。漫画でも読もっかな。
 本棚から適当な本を探そうとして、手が止まる。
「『ひよこのたまご』『ちぃさな恋ゴコロ』『ぷらいまり』……なんで堂々とエロ本置いてんねん。相変わらずの変態っぷりやな、タカちゃん」
 ため息を一つ吐いて、整理してやる。きっとびっくりするに違いない。ざまみろ。
「さて、っと。……ちょい横なろ」
 ベッドにぽふりと飛び込む。……あ、しもた。ここ、タカちゃんが普段寝てる所や。
 ……ど、どないしょ。なんや、意識してまうわ。
「……誰も、いーひんよな? ……お、おらへんのがあかんのやで。タカちゃんのあほー」
 一応きょろきょろしてから、枕に顔をつっこむ。
「ふにゅー♪ ふにふに、ふー♪」
 胸いっぱいに枕の香りを吸い込む。あー。タカちゃんの匂いや。あー。
「んぐー、んー、んうー♪」
 思わず枕をはむはむしてしまう。あー、あかんなー。しゃーわせやなー。
 そのままベッドの上をころころ転がり、幸せを満喫。するあまりベッドから落ちた。
「あいたたた……ん?」
「あ」
 顔を上げたら、タカちゃんと目が合った。ていうか。
「なななななんでおんねん! なんでタカちゃんがおんねん! ここに!」
「怨念がおんねん、なんちて。はっはっは」
「はっはっはやあらへん! おるんやったらおるって早よ言え、あほー! タカちゃんのあほー!」
「そう怒るな。いや、ついさっき来たところだから、なんでお前がそんな怒ってるか皆目理解できないのだが」
「ほ、ホンマに? 見てへんかったん?」
「ああ。ふにゅーふにふにふーとか知らん」
「メチャメチャ見てるやないの! あほー! タカちゃんのあほー!」
「あれ、どういう意味? いずみ語? 俺も使えるようになるかな?」
「知らんッ!」

「ぬー……」
 あれから色々問い質したら、ウチがベッドに飛び込んだあたりで部屋に戻ってきたらしい。ドアが開いた音に気づかへんかったとは……一生の不覚や。
「なんで入ってきた時になんも言わへんねん。タカちゃんのあほー」
「分かった、次からは部屋入るときに『いずみの幼い肢体を舐めまくりてえ』とか叫ぶ」
「ものごっつい迷惑や!」
「しかし、俺の枕は既に涎でべったべたにされているので、これで五分五分かと」
 タカちゃんが枕を取ろうとするので、神速で枕を死守する。
「ウチが洗うから触んなっ!」
「いや、その前に堪能しようかな、と。いずみ液を堪能しようかな、と思った次第で」
「へ、変態やー!!!」
「いやあ」
「何を照れてんねん!」
「ええと……ああ! こういう時に使うのだな、いずみ語を! ええと、ふにゅーふにふにふー?」
「あ、あ、あ、あほー! タカちゃんのあほー!」
「んぐーんーんうーの方がよかったのか? それとも、転げまわりながらでないとダメなのか?」
「あほー! あほー! タカちゃんのどあほー!」
 全力でタカちゃんのお腹を叩くウチだった。

拍手[10回]

PR
Comment
No title
『ひよこのたまご』『ちぃさな恋ゴコロ』『ぷらいまり』……やっと全部手に入れたよ!
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: