忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ツンデレが起こしにきたら】

2010年02月28日
 朝は超眠ぃ。なのでぐーすか寝てたら、体を揺さぶられた。
「もー、休みだからってぐーすかぴゃーぴゃー寝て……先生、ぷんぷんですよ?」
 どうやら俺の家に下宿してる大谷先生のようだ。しかし、この程度のゆさゆさで起きるほど俺の眠気は甘くない!
「むー、起きません。別府くん、おーきーなーさーい!」
 布団の上に馬乗りになり、先生は激しく体を揺さぶった。
 本来なら重さのあまり起きるところだが、先生はそこらの子供程度の大きさなので、むしろ心地よい重みでさらに眠気が。
「むう、全然です。……まっ、まさか、先生が知らない間に死にましたか!?」
 怖い事を言われているような気がする。
「そ、蘇生です! 人工呼吸です! はうあっ、よもやこんなところでファーストキスを奪われるとは! 先生、びっくりです!」
「俺の方がびっくりだあああああっ!」
「みぎゃああああっ!?」
 がばりと起き上がり、先生を吹き飛ばす。先生はころころ転がり、頭から壁にぶつかった。
「うぐぐぐ……痛い、痛いです! 血が出ました! ほらほら!」
「出てねえよ」
 ばびゅーんと走り寄って来て、先生は俺の顔に自分の頭をぐりぐり押し付けた。
「出てます! 別府くんは心が汚れてるから見えないだけですっ!」
「先生の血は心が綺麗じゃないと見えないのか」
「そんなのどうでもいいですっ! 別府くん、起きてるなら早く起きてください! 別府くんのせいで先生、頭がとても痛いです!」
「俺も朝から子供の高い声聞かされて頭がガンガンする」
「あああああっ!? こ、子供って言いました、言われましたよ!? 先生は子供じゃないです、立派な大人です! ちょっと人よりコンパクトにできてるだけですっ!」
「先生、この間小学生と間違われて補導されたよな。いや、あの時は笑った笑った」
「ものすっごく馬鹿にされてますっ! 別府くん、先生を馬鹿にしたら怒りますよ! めってしますよ!」
「ふん。やれるものならやってみろ」
「うぐぐぐぐ……馬鹿にしてえ! いきますよ、泣いてもごめんなさいしませんよ! せーの……めっ!」
「めぎゃああああああああっ!!!」
「みぎゃああああっ!!?」
 対抗して驚かせたら予想以上に驚かれてしまった。先生は俺の布団に頭から入って震えている。頭隠して尻隠さず状態だ。
「べっ、別府くん、先生を怖がらせると怒りますよ! 別に怖くなかったですが!」
「先生、顔出して喋らないと相手に失礼だよ」
「知らないです! 別府くん相手に失礼とかないです! 別府くんの言うことなんて知りません!」
「先生、スカートまくれてパンツ丸出しだよ」
「みぎゃあああっ!? み、見ないでくださいっ! 見ると先生怒りますよ!」
 俺の言うことなんて知らないとか言ってた人が一瞬で信じた。まあ、本当に丸出しなんだけど。
「先生、大人って言われたいならクマさんぱんつはやめたほうがいいと思うが」
「いーから見ないでくださいっ! ……ううっ、からまって出れません!」
 俺の布団は毛布やら薄手の布やら沢山あるので、ちょっとした障害物競走の様相を呈している。と思ってる間も先生の子供パンツを見続ける。
「ぬうううう……こうなったら奥の手です! えやっ!」
「うわっ!」
 先生は元来た場所から出るのを諦め、上側、俺が座ってる方から出てきた。まあ、つまり、俺に引っ付く位近くにいるわけで。
「ふふん、これでパンツを隠すことに成功です。どうです? すごいですか?」
「ち、近い、先生近い」
「え? ……へ、平気です。先生は大人ですから、別府くんが側にいても平気です。ちっともドキドキなんてしません。そもそも別府くんのことなんて、先生なんとも思ってませんから」
 先生は平気そうな顔でそう言った。ただ、その顔は真っ赤だったが。
「んなのどうでもいいから、早く離れろ。いやいい、俺が離れる」
「な、なんですか、そんな先生と離れたいんですか! そ、そんなこと言われても、先生ちっともショックじゃないですよ! 本当ですよ!」
「いや、んなことはどうでもよくて」
 あんまり近づかれると色々まずいわけで。ほら、朝だし。
「もういいです、先生がどきます!」
 とか言いながら、先生は床に手を置こうとして俺の股間に手を。朝で血液が集まってる俺の股間に手を。
「棒? なんで棒が……あ」
 自分が掴んでいるのが何なのか気づいたのか、先生の顔が見る間に赤くなっていく。
「だ、大丈夫ですよ? そ、その、男の人は朝にこうなるらしいですし。その、よく知らないですが」
「いーから離せっ!」
 先生は慌てて俺の棒から手を離した。
「…………」
「嗅ぐなっ!」
 自分の手の平を嗅ごうとする先生を一喝する。
「ああもう……朝から陵辱された気分だ」
「そっ、それはこっちの台詞です! 朝からとんでもないもの握らされましたよ! 初体験ですよ! どうしてくれるんですか!」
「お返しにおっぱいを触らせてくれたらいいと思う」
「え、えっちなのはいけないと思います! ばーい、別府くんの持ってる漫画です!」
「いかん、おっぱいがない人に失礼なお願いをしてしまった」
「もっと失礼なこと言ってますよ!? ありますよ、先生はないすばでーだからおっぱいたゆんたゆんですよ! 心の目で見れば!」
 心眼は会得してないので、先生の乳はつるぺたのままだ。
「もうなんか朝から疲れた……飯食ってもっかい寝よう」
「ダメです! そんな不摂生な生活、先生の目が光ってる間は許しません! 今日は一緒にお勉強です!」
「実践形式の保健体育ならする」
「えっちなのはいけないと思いますっっっ!!!」
 朝っぱらから絶叫する先生だった。

拍手[12回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: