忍者ブログ

[PR]

2019年10月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ホワイトデー かなみ】

2011年03月17日
 今日はホワイトデーだ。何をお返しすればいいのか色々調べたのだけど、結局よく分からなかったので何も用意していない俺を君は責めるか。
「責めるわよッ!」
 というようなことをチョコレートをくれた女性であるところのかなみに伝えると、超怒られた。
「どういうことよ!?」
「や、だからさっき説明したとおりのことで」
「別にそんな高いのじゃなくてもいいわよ?」
「まず値段を気にするのですね」
 いっぱい殴られた。
「痛いのですが」
「うっさい! いーから今日の放課後一緒に買い物行くわよ!」
「いや、めんどくさいし別にいいよ。かなみにはなんかそこらの石とか贈るよ。あいつ結構馬鹿だから隕石とか適当言ったら喜ぶに違いないよ」
「その石で動けなくなるまで殴られたくなかったら来い」
「はい」(ガクガク震えながら)
 そんなわけで、放課後かなみと一緒に街まで出てきた。いつもの調子でエロゲ屋に入ろうとしたら、首根っこを掴まれた。
「学生服でどこに入ろうとしてるかっ!」
「ああ、これは失敬」(ぬぎぬぎ)
「服を脱げばいいって話じゃないっ! 今日は私の用事でしょ!」
「待って待って引っ張らないでズボンがズボンが脱げたままです!」
 下半身の防具がパンツだけという恥ずかしい状態で連れて来られたのは、なんだか高そうな貴金属が並んでいるお店の前。
「ほら、入るわよ」
「あのさ、かなみ。お前が俺の懐事情を知らないのを加味したとしても、無理なの分かるだろ」
 必死でズボンをはき直しながらかなみを説得する。こんなもん絶対無理だ。
「何よ、情けないわねぇ……大丈夫よ、見るだけだから」
「そうか? それならまあいいが……」
 戦々恐々しながら店内に入る。店員のいらっしゃいませ、という声に過敏に反応してしまう俺はどこまでいっても小市民だ。
 そんな俺を引っ張り、かなみはリングが並んでいるコーナーへ向かった。
「へぇ、値段の割に結構いいじゃない」
 かなみの後ろから値札を見る。なんかいっぱい0が並んでる!
「数字だけで脂汗がにじみ出てきた」
「寄るなっ!」
 誰が連れてきたんだ、誰が。
「ったく、これくらい軽く買うくらいの甲斐性ないの?」
「ただの学生に無茶を言うな。俺に買えるのはせいぜいこっちだ」
 高級リング類の隣に、0が一つ少ない指輪を売ってるコーナーがある。そこの指輪をひとつ手に取り、かなみの指にはめる。
「え、え!?」
「うん、似合うんじゃないか?」
「で、でも、あの、あのね? ……き、気づいてない?」
「うん?」
「……ひ、ひだりて」
 俺がはめた指輪は、かなみの左手、それも悪いことに、薬指にはまってます。
「おおぉおおお!?」
「……ぷ、ぷろぽーず?」
「違う違いますまだ早いです!」
「ま、まだ!?」
 混乱するのも分かるが落ち着け俺。深呼吸だ。すーはーすーはーすーはー。
「……ふぅ落ち着いた」
 しかし、かなみはまだ落ち着いてないようで、顔を真っ赤にしたまま、どこか陶然とした表情で指輪を見つめている。
「…………」
「ああっ! 何すんのよ!」
 無言で指輪を抜き取り、今度は右手の薬指にはめる。
「こっちな、こっち」
「あ、う、うん。……買ってくれるの?」
「このくらいの値段ならなんとかいけるので。そりとも他のがいいか?」
「ううんっ、ううんっ! これがいいっ!」
「そ、そか」
 あまりの勢いに少し驚きながらも、何やら超ご機嫌な様子なので特に何も言わないでおく。そんなわけでレジで清算して店から出る。
「へへー。……ふへへー」
 それからもかなみは手を透かして指輪を見てはニヤニヤしているので一寸怖い。
「超嬉しそうですね」
「だっ!? だ、誰が嬉しそうだってのよ、誰が! あ、アンタなんかからのお返しなんだから、嬉しくなんてないんだからっ! アンタの財布に大ダメージを与えたのが嬉しいのっ!」
「なんて歪んだ奴だ。まあどっちにしろ、お前が嬉しいならそれでいいや」
「う……な、何よ! そんなこと言われても、感謝とかしないんだからっ!」
「元よりお返しだ、感謝される覚えはない」
「う……ううーっ!」
「頬を引っ張るな」
 なんだか俺の頬は誰かに引っ張られがちです。
「ふぅ。……あのさ」
 しばらくぎうぎう引っ張って満足したのか、かなみは俺の隣を歩きつつ、目だけをこちらに向けて呟いた。
「……そ、その。アンタの財布にさ、いっぱいダメージ与えたからさ、いっぱい悲しいでしょ?」
「や、一万円いかなかったし、これくらいは覚悟してたから大丈夫」
「いっぱい悲しいでしょ!?」
「はい」
 明らかに勢いで押されたが、そうしないと進まない感じだったので肯定しておく。
「でしょ? だ、だからさ。特別にさ。……て、手、繋いだげる」
「はい?」
「とっ、特別なのっ! こういう機会でもないとアンタ一生誰とも手なんて繋げないだろうしっ!」
「や、まあ、それは否定できないけど……」
「だ、だから繋いだげる。お金の分ね、その分ね。それ以外の理由なんてないし」
「はぁ」
「……そ、それとも、この私が相手なのに、不満だって言うの?」
 どこか不安げな眼差しが俺に注がれる。何て顔してんだ、この娘は。
「……ああ、不満だな」
「……そ、そか。そなんだ」
「お前が俺に断られるかもしれない、なんて思ってるだなんてな」
 意地悪く笑いながら、素早く手を繋ぐ。
「…………」
「いやはや、あんなモテ台詞を言う羽目になるとは。超恥ずかしいですね」
「……う、うぅーっ!」(ふにふに)
 かなみは突然俺の腕に抱きつくと、わっさわさと俺の腕に顔をこすりつけた。
「な、何!?」
「うー……うっさい! アンタがかっこつけた言い回しするから! 普通に手を繋ぎたいって言ったらよかったのに!」
 噛み付くような言葉とは裏腹に、かなみの顔はこれ以上ないくらい赤かった。
「あー……いやあ、こういう時くらい調子に乗りたいじゃないですか」
「アンタが調子に乗っていい時なんてないの!」
「酷い話だ」
 そう言われながら何度も手をにぎにぎされ、知らず頬が緩む。
「に、ニヤニヤするな! へんたい!」
「しょうがないだろ、変態なんだから。ていうか、お前が手を握るだけじゃなくてにぎにぎなんてするからニヤニヤしちまうんだよ」
「アンタの手を握りつぶそうとしてるの!」
「なんて無茶な言い訳だ。ところで、もうちょっと色々回りたいのですが、よろしいですかね?」
「え? いいけど……何か買う物でもあるの?」
「いや、デートだし。沢山かなみといたいし」
「でっ、デートじゃない! デートじゃないもん! ホワイトデーのお返しを一緒に買いに来ただけ!」
「手を繋いでデートじゃないとかなみは言い張る」
「……お、お礼。これはお礼だからいいの」
「そんな些細なことさえデートの記憶にしてしまう俺は凄い」
「で、デートデートうるさいっ! 違うからっ! 絶対デートなんかじゃないからっ!」
「そうなのにゃー?」
「そうなのにゃー! ……って、変なこと言わせるなっ!」
「うわ、この娘超可愛い」(なでなで)
「頭なでるなーっ!」
 もぎゃもぎゃ言われたが、デートを続行できたので、大変楽しかったです。

拍手[29回]

PR
Comment
無題
久しぶりのこしん
無題
しにました
無題

ちなみん…(ノω・、)グスッ
No title
かなみ最高♪♪♪モット!モット!ときめきt
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: