忍者ブログ

[PR]

2019年10月15日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【でべそ病】

2010年05月29日
 でべそ病になった、とかなみが言い出した。
 そんな病気はないぞ馬鹿、阿呆、アナルマニアと言ったのだけど、納得してくれないのでヘソを見せられることになってしまった。あと殴られた。
「ね? でべそ病でしょ?」
「…………」
 どう見ても普通のヘソだ。でべそになっているようにも見えない。
「でべそ病とやらがどんなのか知らんが、別に普通だぞ」
「え? 嘘! ほら、もっとよく見なさいよ!」
 そう言いながら腹を俺の顔に押し付けられても見えません。すべすべしてるのは分かりました。
「ほら? どう?」
「すべすべしてる。れろん」
 つい本能が表に出てしまい、かなみの腹を舐めたら大変なことになった。

「うっうっ……ずびばぜん……」
 ちょっと口にはできないようなことを色々されて、トラウマがまた増えた。
「馬鹿。……で、本当のところどうよ?」
「分からん。てーか、でべそ病とやら自体知らんし」
「はぁ……あのね、でべそ病は世界各国で確認されてる新種の病気なの。でね、それを治すには一日一回へそを異性に見せなきゃいけないの」
 死ぬほど嘘臭いけど、もうトラウマは増やしたくないので黙っておく。
「ほっ、ホントよ!? 嘘なんかじゃないんだからッ!」
「分かった分かった。んで、そのために俺に見てほしいってことか?」
「う……うん」
 かなみは少し頬を染めて首肯した。今日から俺は、かなみのヘソ係です。
 
 その夜、かなみ家にて。
「お姉ちゃん、この作戦ヤダ……」
「なに言ってるのよ、かなみ。男の子は女の子のおへそに弱いのよ」
「うう、嘘っぽい……」
「ほらほら、そんなのいいから今日もおへそに磨きをかけなきゃね。にゅふふふふ♪」
 お姉ちゃんはたまに嘘をついて妹を騙すので、注意が必要です。

拍手[6回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: