忍者ブログ

[PR]

2019年10月15日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【マヨネーズを召還できる姉ちなみん】

2010年04月02日
「……タカくん、タカくん」
 部屋で仰向けになり漫画を読んでると、いつぞやのようにちなねえが俺の腹をつんつん突付いてきた。
「……タカくん、タカくん」
 何度も何度も突付かれるが、面倒事に巻き込まれそうなので放置。
「……ぐすっ、タカくん、タカくん」
「無視されたくらいでいい歳の大人が泣くなッ!」 
 上半身を跳ね起こし、ぐすぐす泣くちなねえを一喝する。
「……だって、タカくん無視するんだもん。……お姉ちゃんは、少し悲しくなりました」
「だからって泣くなよ。子供か……」
「……タカくんはお馬鹿だから知らないだろうけど、お姉ちゃんはタカくんより年上です」
「知ってるよ! 馬鹿じゃねえよ! あーもー、この見た目子供姉がっ!」
「……そんなひどいことを言う弟を懲らしめるため、お姉ちゃんは新しい召還獣を手に入れました」
 また襲われたら敵わないので逃げようとしたら、ちなねえが俺の上に乗ってきた。
「なにすんだよっ!」
「……逃げたらダメー。……なむなむ、マヨネーズさんマヨネーズさん、出て来いはよーん」
 一連の召還の動作を行い、煙から出てきたのは……マヨネーズそのものだった。
「……召還獣?」
「……召還まよねーず。……なんと、通常のまよねーずの三倍くらい栄養たっぷりなのです」
 すごい? とちなねえの瞳が訴えているが放置。
「いや、あのさ、ちなねえ。その、出てけ」
「これでタカくんのマヨネーズ嫌いを克服です。……ささ、ぐぐーっと」
「むあっ!?」
 あろうことか、ちなねえはマヨネーズを俺の口に無理矢理注ぎ入れた。口いっぱいにマヨネーズ味が広がる。
「……ぶああああっ!」
「うわぁ」
 栄養はともかくとてもマズイので思い切り吐き出すと、ちなねえはちっとも驚いているようには聞こえない叫び声をあげた。
「……うー、いっぱいついた」
「う、ちなねえが白濁とした液体まみれに」
 これは……イカンですよ。イケナイ想像をしてしまいそうですよ。
「……まったく。タカくんがいっぱい出すから、顔にまで白いのがついちゃったじゃないですか」
「……ちなねえ、その言い方はヤメテ。なんか、違うこと想像しそう」
「違うことって……あっ! ……た、タカくんはえっちですね」
 ちなねえは不満そうに少し頬を膨らませた。
「と、とにかくもういいだろ? ほら、早くどいてくれよ」
「……まだです。えっちなタカくんには、もっとお仕置きが必要です」
 無理矢理口にマヨネーズを注ぎ入れて、まだお仕置きが必要と言うちなねえ。そこまでエッチは悪なのか?
「……あ、まよねーず、なくなっちゃいました」
 ちなねえの持つマヨネーズは、すでに空になっていた。……すげー勢いで注ぎ込んでたもんな。
「そ、そりゃ残念だな。諦めろ、ちなねえ」
「……まだです。……私の体に、タカくんが吐き出したまよねーずがついてます」
「え……」
「……な、舐め取ってください」
「えええええ!?」
「……うるさいです」
「えっ、いや、ちょ、ちなねえ? 大丈夫? 頭働いてるか? 起きてる?」
「……弟に馬鹿にされて、ちょっとショックです。……いいから、早く舐めるのです。……こんな風に」
 そう言って、ちなねえは俺の頬をぺろりってえええええ!?
「……ほ、ほら、タカくんも私のマネして、ぺろぺろするべきです」
「え、いや、あの」
「……べき、です」
「は、はい」
 怖いから従う。……い、いや、ホントに怖いってだけの理由です。べべ別にちなねえをぺろぺろしたい欲望なんてこれっぽっちも!
「……た、タカくん、舐め方がえっちです」
 ……す、少しくらいはあるかもしれないです。

拍手[4回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: