忍者ブログ

[PR]

2019年10月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ツンデレになんで秋休みが無いのかなって言ったら】

2010年05月09日
「なーちなみ、なんで秋休みってないんだ?」
「……そんなこと知らない」
「いや、本当は休みで、みんなどっかで集まって寿司やケーキを食べてるんだ! 今話してるおまえは俺の幻覚だ!」
「…………(また始まった)」
「俺も食いたい! 寿司! ケーキ! 寿司! ケーキ!」
「……うるさい」
「もが」
 ちなみに何かを口に詰め込まれた。
「むぐむぐ……うまいな。これなんだ?」
「消しゴム」
「ぺっぺっぺ! 何しやがる!」
「……ショートケーキの匂いつき」
「ん? くんくんくん……なるほど、言われてみれば確かに。ほら、ちなみも匂え」
「……嫌。タカシの唾液がべっとりついてる」
「これって間接キスだよな。ほら、匂え。むしろ口に含め」
「……嫌がらせだ。もうこの消しゴム使えない」
 一体誰が消しゴムを人の口に詰め込んだのか、よく考えたほうがいいと思う。
「……タカシはひどい人だ。私の大切なものを傷物にして、平気な顔してる」
 その言い方はどうかと思う。
「ちょっと聞いた? 別府くん、ちなみを傷物にしたって」
「別府サイテー」
 まるで示し合わせたかのように、クラスメイトたちがちょうど俺に聞こえるくらいの声で囁き合い出した。
「なんでそんな話になってんだよ! 俺はただ単に、なんで秋休みがないか知りたかっただけなんだ!」
「……国が決めたから」
「ああ、そうか」
 国が決めたのなら仕方ないので着席すると、担任が来たので寝ようぐぅ。

「……ちゅっ」
 ちなみは静かに消しゴムに口付けしたことを、いびきをかいてるタカシは知らない。

拍手[5回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: