忍者ブログ

[PR]

2019年10月15日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ツンデレとデレデレと鍋】

2010年02月25日
 とても鍋が食いたくなったので、鍋パーティを開く事にした。一人で鍋を食うのは少し寂しいので、友人を2人ほど招待した。
「お兄ちゃんお兄ちゃん、ご招待ありがとねっ!」
「ごはっ」
 俺を兄と慕う隣家のちみっこ、夕美が先にやってきた。満面の笑みを浮かべつつ俺の腹に突撃してきたので痛い。
「うぐぐ……夕美、突撃はどうかと思うな」
「てへ☆ しっぱいしっぱい」
 夕美は自分の頭をこつりと叩き、舌をちょろっと出した。
「うひゃあ! な、なんたる媚び! だが、俺はこんな作り物に負けないぞ!」
「媚びとか言わないで」
「は、はい」
 冷静に言われてちょっと怖かった。
「分かればいいんだよー♪ それじゃお兄ちゃん、鍋食べよ?」
「俺は夕美が食べたいな」
「どっきゅんこな発言に、驚きを隠せない夕美だよ! ……た、食べゆ?」
「はい」
「ど、どうぞ。……新鮮な内に食べてね?」
 夕美はこてりと横になり、窺うように俺を見た。
「いただきます」
「はいそこまで!」
 俺のルパンダイブを見覚えのある足の裏が阻む。簡潔に言うと蹴り飛ばされたわけで、大変痛い。
「あ、かなみおねーちゃん! えへー、ようこそ!」
 きりもみながら飛んで行く俺のことなど歯牙にもかけず、夕美はかなみに抱きついた。
「あー、夕美ちゃん。こいつロリコンだから、あんまり一緒にいない方がいいわよ?」
「失敬だなキミは。俺はロリコンではなく、つるぺたが好きなだけです。故にかなみ、貴様も俺のストライクゾーンだ!」
「……なんでもいいけど、壁にめりこんだままよ」
 自力での脱出は困難なので、夕美とかなみに手伝ってもらって抜いてもらう。
「やれやれ。しかし、文面だけだとエロいな」
 俺の言葉に首をかしげる二人だった。説明してもいいけど、殴られるのでしない。
「で、鍋するって聞いたから来たのに、なんで二人で乳繰り合ってんの?」
 かなみが俺だけを睨みながら吐き捨てるように言うので、とても怖い。
「お兄ちゃんがね、鍋より夕美を食べたくなっちゃったの」
 言い訳をする時間すら与えず、かなみは問答無用で俺を殴りまくった。
「お兄ちゃんはよく血まみれになるね♪」
 懇切丁寧に包帯を巻いてくれる夕美だが、実のところ俺のことが大嫌いなのかもしれない。
「もう鍋とかどうでもよくて帰ってほしい気分マンマンですが、一応鍋をしましょう」
「アンタが余計なことしなけりゃ済む話でしょうに……」
「お兄ちゃんは余計なことしないと死ぬ生き物なの」
 夕美が真顔で非常に失礼なことを言う。
「鍋! 鍋食べよう! 用意は済んでいる、あとは食うだけだ!」
 これ以上夕美を喋らせるとまたかなみが俺を殴りかねないので、とっとと飯を食ってしまおう。腹が膨れたらお子様の夕美は寝てしまうに違いない。
「お兄ちゃんお兄ちゃん、なに鍋? なに鍋?」
「土鍋」
「知ってるよ?」
「…………」
「あはははは! 夕美ちゃんにかかったらアンタも形無しね?」
 楽しげに笑うかなみがむかちゅく。もういい、飯食う。
「お兄ちゃんお兄ちゃん、夕美が取ってあげるよ」
 鍋から具材を取ろうとしたら、夕美におたまを取られた。
「ん、そうか? じゃ頼むな」
「おっまかせだよう☆ えっと、白菜とー、ネギとー、お豆腐とー、夕美の愛情たっぷり入れるよ♪」
 俺の取り皿に並々と具材を入れ、最後に夕美は愛情という名の念を込めた。
「うぉぉぉぉ……入れ、夕美の愛情、たっぷり入れ……」
 夕美の愛情は怖い感じなのでちょっと食べたくない。
「はい、お兄ちゃん。夕美の愛情たっっっっっっぷりだから、すっごくすっごく美味しいよ!」
「お腹下しそうですね」
「その時はまた愛情入れなおすから、いつでも言ってね♪」
 苦笑いで応えて豆腐を食ってると、かなみが俺をじーっと見て……いや、睨んでることに気づいた。
「と、豆腐食べたかった? まだあるぞ?」
「違うわよっ! なんだって夕美ちゃんみたいないい子がこんな奴を好きになるかなーって思っただけよ」
「調教したから」
 ちょっとした冗談でマウントポジションになり人をがつんがつん殴るかなみをどう思うか。
「わわわっ、お兄ちゃんがまたしても血まみれにっ! 今日二度目の光景だよ!」
 冷静に説明してる暇があったら助けて。
「あーあ、包帯が血まみれになっちゃったよ。取り替えなきゃ」
 夕美が血まみれの包帯を抱えてどっかに行くのを他人事のように見てから、かなみを睨む。
「本当か冗談か判断してから殴ってはくれまいか。血が足りなくてクラクラする」
「う、うっさいわねー。アンタが冗談言わなけりゃ済む話でしょうが。……ほら、お肉でも食べて精つけなさいよ」
 少しは申し訳ないと思ったのか、かなみは俺に肉を取り分けてくれた。
「今は肉より止血が先かと思いますが」
「自力で止めなさい」
 相も変わらず無茶を言う。だがしかし、やってやれないことはない。気合を入れて止血を試みる。
「ふんぬっ」
「新しい包帯持ってきた……ああっ、お兄ちゃんから噴水のように血が! 往年の名レスラー、ブッチャーみたいだよ!」
 夕美のどこか余裕のある叫びを聞きながら、意識が途絶える。

「うーん……んむ?」
「あっ、お兄ちゃんの目が覚めた! かなみおねーちゃん、お兄ちゃんの目が覚めたよー!」
 目が覚めると、夕美の顔が正面にあった。どうやら膝枕されていたようだ。
「はぁ……なんだってご飯食べに来たのに、アンタなんかの看病しなきゃいけないのよ」
「そもそもおまいが俺をがっつんがっつん殴らなけりゃ済む話だろうに」
「うっさいわねー、そもそもアンタが余計なこと言わなかったら済む話でしょ!」
「ぐるるるる!」
「がーっ!」
 一触即発(?)の雰囲気の中、ふいに夕美が吹き出した。
「夕美が狂った!」
「狂ってません」
 冷静に否定され、とても怖かった。
「じゃなくて、かなみおねーちゃん、お兄ちゃんが気絶してる時はあんなに心配してたのに、起きた途端に態度が変わっちゃったんだもん。夕美、なんだかおかしくって」
「え……そうなのか?」
 夕美の言葉にかなみを見ると、かなみは顔を真っ赤にして狼狽していた。
「ちちちっ、違うわよ! ゆ、夕美ちゃんが勘違いしてるのよ! ね、ね?」
 かなみは顔を真っ赤にしたまま必死に夕美を揺さぶった。
「あにゃにゃにゃにゃ、ゆ~れ~る~」
「あにゃあにゃ言ってないで否定してよ、夕美ちゃーん!」
「とても楽しそうで羨ましい! かなみかなみ、次俺にして!」
「遊びじゃないわよっ!」
「ふにゃー、揺れる世界ー」
 夕美は目をぐるぐる回して楽しげな事を言っている。
「やはり羨ましい! 俺もそんな世界に! かなみ、俺に是非!」
「うっさい!」
 楽しい食事会でした。 

拍手[7回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: